2021年09月09日

温度について

薬品や、食品等の保存法について、
冷蔵庫保存、とか、冷暗所保存とか、表記があります。

日本薬局方に温度に関する定義が示されています。
後半の部分は、試験における条件の説明ですが、前半に貯蔵に関する温度の目安が示されています。

第18改正日本薬局方
通則 16
試験又は貯蔵に用いる温度は,原則として,具体的な数値 で記載する.
ただし,以下の記述を用いることができる.
  標準温度は20°C,
  常温は15 ~ 25°C,
  室温は1 ~ 30°C,
   微温は30 ~ 40°Cとする.
  冷所は,別に規定するもののほか, 1 ~ 15°Cの場所とする.

  冷水は10°C以下,
  微温湯は30 ~ 40°C,
  温湯は60 ~ 70°C,
  熱湯は約100°Cの水とする.

加熱した溶媒又は熱溶媒とは,その溶媒の沸点付近の温度 に熱したものをいい,
加温した溶媒又は温溶媒とは,通例, 60 ~ 70°Cに熱したものをいう.
水浴上又は水浴中で加熱す るとは,別に規定するもののほか,
沸騰している水浴又は約 100°Cの蒸気浴を用いて加熱することである.
通例,冷浸は15 ~ 25°C,温浸は35 ~ 45°Cで行う.

一方、日本産業規格では、常温を 20±15℃としているようです。
   (Wikipediaより)

posted by 管理人 at 00:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: